野良猫撃退に関する問題点をあげる - ヒラヒラと飛んで家に侵入してくるこうもり対策

ヒラヒラと飛んで家に侵入してくるこうもり対策

  • 野良猫撃退に関する問題点をあげる

    • 野良猫撃退に使ってはならないもののひとつにエアガンがあります。威嚇射撃でもあたると危険ですし、苦痛を与えてまで猫の侵入を阻むよりもほかの平和的な解決を考えるべきです。

      野良猫だからといって何をしてもよいとは限りません。

      一度被弾させて恐怖心を植えつけるという考え方もありますが、痛みを伴う対策は最終的な方法であっても選択すべきではありません。



      猫は一度恐怖心や苦痛を人間から与えられると二度と人間を信用しなくなります。最低でも背を向けて逃げられますし、最悪の場合小さな子どもに攻撃してくることもあります。
      その場で片付く問題ではなく一匹の猫が受けた虐待が周囲に波及していく最悪のケースも起こりうるということを考えると、安易な野良猫撃退の方法を考えることは非常に危険です。



      動物愛護法の順守というよりも道徳的な観点から考えることも必要になります。野良猫撃退の方法に爆竹や破裂型の花火を脅しとして用いる考えもありますが、これも安易な使用は絶対に避けるべきで威嚇の方法として意味がありません。猫は優しくされると恩を忘れない義理深い部分がある半面、とても執念深いところがあります。



      中々現実的には受け入れられないこともありますが、最悪な場面で猫がかかわっていることも少なくありません。

      動物に対して常に否定的な感情を持つことは、常に過激な方向に振り切った行動を起こす発端になります。エアガンや爆竹などを使用しての動物撃退は様々に議論されるべき課題です。


top