葬儀に必要な準備について

葬儀は、故人との最後の別れとなる重要な儀式となりますが、通常、準備に関しての多くは臨終となったときを始まりとして行われることになります。

しかし、突然の訃報も含めて故人が亡くなってからでは対処しきれないことも多く、病院などに入院をして既に経過が分かっている場合などでは、事前に対応を考えておくことも必要となります。古くは、葬儀に関しての準備は一般的に行われていましたが、現在ではタブー視されていることもあり執り行う段階において対応されています。しかし、初めての場合や近くに経験者が存在しない場合には不安になることも多く、そのためににも事前に準備をしておくことが必要になります。

事前に行うことのメリットとしては、まず、その場において落ち着いて対応をすることができる点があります。内容としては、1つには会葬者の予想人数があり、規模に関しても決めることになります。この場合、故人の関係から会葬者の人数を把握する必要がありますが、割り出しておくことで式場を選ぶ基準にすることもできます。2つ目としては、形式の選択があります。菩提寺が既にあるような場合には必然的に仏式で執り行うことになりますが、寺院との関係がないような場合には宗派や宗教を選択する必要があり、仏式で行う場合にしても、どの寺院に依頼をするのか検討をしておく必要があります。

葬儀では、まず、最初に行う内容として遺体の安置がありますが、この場合、搬送はどこにするのか決めておくことが必要になります。葬儀の準備を事前に行っておくことは、余裕をもって望むことができる他に、故人の希望を取り入れた儀式にすることができるメリットがあり、最も重要となる費用に関しても事前に対応をしておくことができるようになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *