亡くなった場合の葬儀の準備について

葬儀の準備に関しては、生前中から行っておく場合と亡くなってから行う内容があります。

特に、亡くなった場合においては時間が限られることも多く、どのような準備が必要となるのか理解をしておくことが必要になります。葬儀の準備は、取り行う方法によっても異なってきますが、一般的に留意をする点としては、まず、近親者への連絡があります。喪主の決定も必要となり、世話役の依頼も必要となります。世話役に関しては、経験のある人や親しい人に依頼をすることになりますが、ここでは、世話役を補助する人も決めておく必要があります。

次に、葬儀方式の決定があります。多くは仏式で執り行われていますが、この場合には僧侶への連絡を行い、段取り等の相談をするようにします。準備内容としては、他に、場所の決定や現金の用意、死亡通知の発送があり、死亡届の手続きも必要になります。葬儀においては、現在では最初から業者に依頼をすることで進められることも多く、この場合には、ここでの打合せに沿って儀式を執り行うことになります。

業者は、儀式を執り行うにあたって、それぞれが希望する内容やサービスの提案を行ってくれ、細かな手続き等に関してもアドバイスをしてくれます。祭壇の飾付を始めとして、儀式に関係する内容のほとんどは業者が行ってくれますが、戒名など寺院に依頼をする内容に関しては、直接、遺族が行うことになります。葬儀の準備では、執り行う規模や方法によっても異なり、例えば、家族葬や小規模な場合には連絡や公的な手続き等が中心となります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *