突然の葬儀で困らないための知っておくべき準備とは

お葬式のことを考えて生活している人などほとんどいないとは思いますが、人間にはいつかは必ず死が訪れます。

極端なことを言うと、明日親族と突然の別れが来るかもしれません。そのときは、悲しみに打ちひしがれているだけではなく、当然葬儀を行います。そうなったとき困らないためにも、まずは何から決めればよいのか、どんな手配が必要なのか、など葬儀の基本的なことを知り、しっかりと準備をしておくと安心です。基本的にお葬式には、何をしなければいけないという決まりごとはありません。

ただ、法律で死後24時間以内は火葬をしてはいけないという決まりがあるので、これだけは絶対に守る必要があります。お葬式の前には喪主を決める必要があります。喪主とは、葬儀の代表で故人にかわって弔問を受ける人のことです。お葬式は仏式なのか、神式なのか、それともキリスト教式なのかといった宗教形式も決めなければなりません。その他にも、費用や日程、式場を決めて場所をおさえたりもします。

地方では、お寺や地域との付き合いも長かったりするため、情報交換も素早くでき、お葬式準備もスムーズに行えることが多くありますが、都心では葬儀社にほとんどのことを任せるといったケースも珍しくありません。実際に親族が亡くなってしまってからでは余裕がないので、事前に住んでいる地域の役場に相談したりしながら、いざとなったときの準備をし、葬儀社選びも失敗のないようにしたいものです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *