葬儀の相談をすることができる

葬儀にはいくつか形式があり、葬儀会社と遺族が相談して決めることができます。

形式には直葬、一日葬、家族葬、一般葬というものが主に行われています。直葬とは亡くなった病院などからそのまま火葬場へ搬送し、火葬をしてしまうという形式です。後日改めてお葬式を行うという遺族の方などに選ばれることがあります。一日葬はその言葉通り、一日で葬儀を行う形式です。ただし、この形式は一日でお葬式を行うというだけで、亡くなってから一日でお葬式を行わなければいけないというものではないです。亡くなってから遺族の方が思う一日葬をできる日まで待ち、その後一日でお葬式を行うということができる形式です。

家族葬は最近人気のある形式で、生前に故人が希望していたり、遺族の方が家族や親しい人だけで故人をゆっくりと見送りたいというときに選ばれることが多いです。遺族や親しい人だけという場合が多いのですが、告別式や通夜式などは一般葬と同じように行います。なので、一般葬の縮小版だと考えるとわかりやすいです。一般葬は参列したことがある人が多い形式です。

通夜式、告別式を2日間かけて行い、遺族はもちろん、親しい人だけではなく故人がもともと働いていた会社の方や近所の人なども参列してもらえて、故人をきちんと見送ることができるということで選ばれることが多いです。葬儀をしたことがない、喪主などをしたことがないという人でどうしたらいいのか不安や確認したいことがある場合は葬儀会社の人に相談をしてみることも可能です。相談することで遺族の希望にそったお葬式を行うことができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *