葬儀の相談に関する考察

冠婚葬祭で最も注目されるのは結婚式と言えるでしょう。

愛する二人が結ばれ、永遠の愛を誓い合う儀式は、幸せの最たるものと言えるでしょう。そのため結婚が決まると、カップルはすぐさまウェディングプランナーにできるだけ費用を抑えて納得のいく結婚式ができないかなどを相談します。最近ではスマ婚などが提案され、非常に安く費用を抑えて結婚式を挙げられるようになっています。

一方冠婚葬祭で葬式に関しても相談する人が多くなっています。それはデフレ経済で収入が伸び悩み、なかなか葬式の費用を十分蓄えたり、捻出することが難しくなっているからです。そこで生前に葬儀社にどうすれば費用を安くできるか相談する人が年々増えています。葬式もこうしたデフレ経済に配慮し、様々な安いプランを取り揃えています。相談することで葬儀の費用を15万円前後に抑えることもできます。

従来のスタイルである一般葬であると、100万円前後が相場の価格です。しかし家族葬であると小さな会場ででき、人数も10名程度で執り行えることからコストを安く抑えることが可能であり30万円前後で行うことができます。直葬に至っては、会場を抑える必要がないために15万円程度で葬儀を行うことができます。

またお墓なども従来の既成概念や慣習にとらわれなければ、様々な安い方法があると言えます。例えば宇宙葬や散骨という埋葬にすれば非常に安く、維持費などもコストカットでき非常に安くすることができます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *