葬儀の相談に関する考察について

間であれば誰しも平等に死を迎えると言えます。

そのためどんな人でも自分の最期の時を真剣に考え、検討して計画しておく必要があると言えます。例えば自分の葬式をどのようにするか、その費用の負担をどうするか、神式か仏式にするか、どこまで訃報を伝えるかなど生前に計画しておくことが大事です。こうした計画を練ったり、段取りをしてお金を蓄えておくことを終活と言い、最近中高年に人気の活動になっています。終活をしておくと、安心して余生を送ることができるようになります。

しかしこうした終活を誰に相談すべきか悩む人もいます。しかし最近では葬儀社で終活の相談を受け付けています。葬儀社に相談すれば、経済状況や宗派、希望に応じて様々な葬儀プランを提案してくれます。こうした相談を生前相談と言い、最近では連日中高年の人が葬儀社を訪れるようになっています。盛大に一大セレモニーにしたい、費用が潤沢にある人には一般葬が提案されます。

多くの会葬者を見込み、広い会場を抑えるために費用は100万円前後になります。しかし極力費用を抑えたい人は家族葬や直葬が提案されます。一般葬の三分の一の費用ですむので、デフレ経済の現代にマッチした葬式プランと言えます。また自分の最期を見届けたい、自分の葬式をこの目にとどめたいと考える人は生前葬が提案されます。生前葬はレストラン、ホテル、旅館の宴会場に最後に必ず会っておきたい人を招待し食事やお酒を酌み交わし、思い出話に花を咲かせ、自分の目に自分の葬式を焼き付けておきます。費用も一般葬より安く済みます。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *