葬儀の費用に関するトラブル

葬儀は結婚式といった冠婚葬祭セレモニーと異なり、いつ起こるかわかりません。

そしてその費用は高額となり、平均200万前後と言われています。失敗のない式を行うには適切なプランを選択することが望ましいですが、準備の時間は1~2日程度しかないのも事実です。そのため、ある程度の流れを事前に熟知することで、失敗のない式を行うことが重要です。葬儀までの一般的な流れはは、ご臨終の後で、その日中に葬儀社をある選定することが重要です。葬儀社はネットなどで探すこともできますが、できれば長年地元に根付いた実績のある業者が良いでしょう。

その理由としては、実績があればある程度の会場のキャパを把握していることや宗教関係者への対応も早いこと、見積もりなどでトラブルが少ないことなどがあるためです。葬儀で最も多いトラブルが金銭に関するものであり、安さを売りにした業者は後になって追加料金がかかり高額になるケースが多い傾向にあります。

しかし実績のある業者であればこうしたトラブルが少ないため、安心感があります。費用の大半は参列者からの香典やお供えから捻出できますが、それでも決して安くはない金額が必要となってしまいます。参列者のおおよその予想人数と見積もりを照らし合わせて、無理のないプランを選択するように心がけましょう。また、参列者が少ない場合は、家族だけでおこなう所規模の家族葬といったプランもあるため、条件にみあったプランの提示のある業者を選ぶようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *