葬儀とはどのようなものなのか

日本には冠婚葬祭と呼ばれるものがあり、これは人間の一生で経験するであろう儀式的な行事を言葉に例えたものとされています。

その中で最後にどんな人間でも通過するとされているのが葬儀であり、人の死を弔うために行われる祭儀のことを指しています。そのため故人を悼むために行われるものとして認識されているのですが、故人だけではなくその家族や親族、知人や友人などが別れを惜しみ、別れを告げるために行われるものであるともされています。

葬儀には近年では色々なスタイルが存在するようになっており、従来の格式あるものから簡略化されたものまで幅広いものが行われており、このようなスタイルの背景には核家族化や身寄りのない人たちが増えたことなどが挙げられているため、どのような人たちにも行うことができるように配慮されつつあるということになります。また、そのスタイルの中には宗教関連の問題が大きく関わってくることも大きく、故人が入っていたその宗教の教えや手順に則ったスタイルで行われることも少なくありません。

なので仏教スタイルだけではなくキリスト教などのスタイルで行われることもあり、故人の意見を尊重した方法で行われることが望ましいとされています。そしてこのようなスタイルの多様化によって、通常であれば葬儀を行うためのホールや自宅で行われることが一般的とされていたものが現在ではそれ以外にも色々な場所で行われることが増えていますし、遺体の処理法や埋葬方法にも多種多様な形式が採用されています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *