葬儀のマナーと基礎知識

葬儀のマナーや基礎知識を持つことは社会人として大切なことです。

知らないことで恥をかいたりして自分の損にならないようにします。通夜や葬式に出席する場合は定刻の時間より少し早めに着くようにします。葬式の開始時間の10分前には受付を済ませます。その場合は受付で一礼し、記帳と香典を渡すようにします。香典は表書きが読める向きにして、両手で香典を差し出すようにします。宗教や宗派によって葬儀のやり方や焼香などが異なることもありますが、突然のことであり落ち着いて対応することがポイントです。

弔電を出す場合は、葬式の前日までにNTTの115に申し込みます。故人との間柄と弔問の時期についても常識的なマナーとして知っておくことも大事です。近くにいる親戚の場合は訃報を聞いたらすぐ駆けつけ、通夜、葬式は喪主側の立場で参列します。遠方の親戚の場合はすぐに駆けつけるかどうかは状況をみて判断するようにします。参列できない場合は弔電を打ちます。その場合、香典は郵送するようにします。

故人に世話になったりした人で参列できない場合、お花を送ったりお悔やみの手紙を添えるようにします。葬儀の基礎知識として喪主や遺族の礼装や参列者の服装を知っておくようにします。最近は葬儀の礼装は洋装が多くなっています。和装と洋装の格の上下はありません。葬儀のマナーとして女性は髪はすっきりまとめ、シンプルな化粧をし、派手なマニキュアはしないようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *