葬儀は遺族が決めたり故人が決めていることもある

葬儀にはいろいろな形式のものがあります。

たとえば、直葬、一日葬、家族葬、そして一般葬です。直葬というのは、通夜式や告別式を行わずに、火葬のみで済ませてしまう形式のことです。後日、社葬を行う予定があったり、費用をかけることができなかったり、故人の意思で、という理由でこの形式を選ぶ人もいます。直葬は火葬のみになってしまいますが、単に棺に納めて火葬場へ運ぶだけ、という作業で終わるわけではなく、仏式で行う場合は、枕飾りを置き、遺体に死装束をつけて旅支度を用意することもあります。

宗教儀式などは省いたとしても、安置場所に僧侶を招いて枕経をお願いすることもできますし、火葬炉の前で炉前法要を行うことは可能です。一日葬は、通常なら2日間以上かけて行う通夜式や告別式を、一日で行う形式のことです。ワンデーセレモニーと呼ばれることもあり、首都圏を中心に現在注目されている形式です。一日葬は近年葬祭業者が提案した新しい葬儀のスタイルなのですが、厳密な決まりごとがなく、多くの場合が通夜式を省き、告別式のみ行う、ということが多いです。

儀式が一日だけなので、遺族の身体的、精神的、経済的な負担が少なく、遠方から参列する方の負担、つまり宿泊費や交通費などが軽減されるということで選ぶ遺族の方もいます。葬儀は、葬儀会社と相談して形式を決める人もいれば、生前に故人が決めている場合もあります。きちんと希望している形式を行うことができるのか、会社に確認しておくことが大切です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *