葬儀の時、どのような言葉をかければよいのか

葬儀はとても厳粛な席ですので、知らず知らずのうちにマナー違反をして、ただでさえ傷心のうちにある遺族の感情を害するようなことは避けたいものです。

しかし突然葬儀に出席しなければならなくなった時、事前にある程度マナーなどを知っていないととてもあわててしまうかもしれません。訃報が飛び込んで来た時、親族や親しい友人であるならば通夜より先に弔問に訪れるのが一般的な礼儀です。この際にはやはり遺族の方にお悔やみの言葉をかけることになります。とてもデリケートな場でもありますし、自分にとっても大切な人であった場合、言葉がうまく出てこないかもしれません。

故人の死を悼み、遺族を慰めたい気持ちが伝わるのであれば、長々と形式的な挨拶をするよりもごく短く「このたびはご愁傷さまでございます」と述べるだけでも十分でしょう。一般的には次のようなお悔やみの言葉がよく使われるようです。「このたびは、本当に残念でなりません。ご家族の皆様、どうぞお力落としのございませんように」「思いがけないことで、なんと申し上げていいのか、言葉がみつかりません。

心よりお悔やみ申し上げます。」「この度はご愁傷様でございます。急なことでお慰めの言葉もございません。心よりご冥福をお祈り申し上げます」この際には、不幸が続く、繰り返すなどを意味することになる、たびたび、かさねがさね、再三、などは使ってはいけません。また弔問と通夜の席では遺族に直接お悔やみを述べますが、葬儀、告別式の最中は目が合っても目礼するだけにとどめておくのがマナーです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *