無宗派でも問題ない葬儀を挙げるには。

日々健康に過ごしていても、不意な事故により突然大切な家族が亡くなって途方に暮れてしまったという人もいることでしょう。

どれだけ気を付けて行動していても、事故は突然やってくるもので避けられない時もあります。そんな悲しみに暮れている家族は葬儀の準備や知り合いに連絡したりと、しなければいけないことが山積みとなっていますが、決める暇もないという方が大勢います。葬儀を執り行う会社を決めたはいいですが、次に決めなければいけないことがお坊さんの手配であり、決まった宗旨や宗派についてです。

お坊さんはどこかの宗派に属する方がほとんどですが、檀家制度に入らなくてはいけないというデメリットを考えると、お坊さん抜きでお葬儀を行いたいという方が非常に増えてきています。そんな方におすすめするのが、宗旨や宗派に関係ない無宗派で葬儀を挙げる方法です。お坊さんを呼んで読経してもらうことは変わりませんが、あらかじめ葬儀会社に無宗派なので、お寺との付き合いはお葬式だけのものにしたいと告げておきましょう。

そうすれば、今後お坊さんから檀家制度に関して言われることもなければ、四十九日法要という取り決めがなくなりますので、堅苦しい付き合いをする必要性がありません。また、小さなお寺の檀家などに入ってしまうと、お寺の修復や仏具の新調などに関して寄付を求められたりすることもありますが、お通夜とお葬式だけの付き合いにしてしまうと、そういった問題がなくなります。
流山の葬儀のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *