冠婚葬祭の費用、今では家族葬が人気かな

冠婚葬祭は時代に合わせて変化しているそうですが、人間的な関係を沢山ある人ほど葬式はド派手にやる傾向は変わりないようです。

時代の変化は人間関係にも影響を及ぼし、葬式自体の形式も様変わりしつつあるのが見えてきます。費用は高い、それは冠婚葬祭では避けて通れない課題です。結婚式は周到に準備して、お金を集めどころを探すのは時間を掛ければ可能ですが、葬式の場合はいつそうなるのかが分からないのが現実です。死期は突然やってくるといわれ、心の整理が片付くのも時間を要します。長年病気に悩まされて、医者から余命を言われていたらある程度は覚悟は出来ているので、バタバタしないように故人も遺族も準備する期間を活用する事が出来ます。

エンディングノートと題して、故人は何をしてしまいたいか遣り遂げたいと考えています。遺族はいつ死期が来ても良いように覚悟をして、家族葬なり、準備に入って来ます。費用はどれくらい掛かるのかを業者に委ねていますが、突然死期が来た場合は見積もりするほどの余裕がないのが現状です。余命宣告を受けていた遺族は、比較的費用が安いとされている家族葬を選びやすいです。

家族葬だと、著名人が他界した場合、事後報告という形で式を一通り終えた後に発表するというのが主流になります。冠婚葬祭は時代に合わせて進化するものですが、人との触れ合いが希薄になりつつある現状では、家族葬という形式がこれからも流行になる気がします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *