気になる家族葬とは冠婚葬祭の費用やマナー

冠婚葬祭は、人が生まれてから亡くなり、その後までの家族の催しの事です。

冠婚葬祭とは、元服、婚礼、葬儀、祖先の祭礼の4つの儀式をさします。最近、よく耳にするのが家族葬です。家族葬とは、ご家族やご親族など限られた方々だけで葬儀を行う事です。少人数で葬儀をするので、故人の想いや家族の希望に沿った葬儀が行えます。また、その分費用を押さえる事が可能となっています。葬儀費用は、葬儀社やプランによってさまざまですが、家族葬は約45万前後が相場のようです。

一番安い葬儀費用になると、お通夜や告別式をせず火葬のみの火葬式で約17万前後となっていますが、火葬式を執り行っていない葬儀社もあるようなので、事前に調べておいた方が良いでしょう。また冠婚葬祭での最低限のマナー等も身につけておくと、いざと言う時困らずに済みます。なかなか迷うのが香典袋の書き方や香典の金額だと思います。香典袋の表書きは、宗教によって書き方が変わってきますが、相手の宗教が分からなくても使えるのが御霊前で、通夜にも葬儀にも使用可能です。蓮の絵が描かれている袋は仏教でしか使えないので気をつけて下さい。

香典の金額は決まっていませんが、4と9は死と苦を連想させるので避けた方が良いとされています。香典の金額相場は、故人とのお付き合いの深さによって違い、キリのいい数字となっています。だいたい、3千円~1万円が平均です。一番高いのが、自分の親や義両親の場合で10万円が平均となっているようです。冠婚葬祭の必要最低限のマナーを勉強する事は、とても大事な事だと思います。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *