冠婚葬祭の費用、家族葬について

冠婚葬祭には様々な費用がかかります。

その中でお葬式といえば近年多様化しており、一般的になってきた形式の一つとして、家族葬で故人をおくりだすことが増えてきています。家族葬には宗教上の縛りはありませんので、僧侶や神父に依頼しないこともあります。遺影も堅苦しいものではなく、家族のお気に入りの写真を飾ったりします。あくまでも家族主体のお葬式であり、人数も10人くらいからという形式です。

冠婚葬祭のうち、結婚式も家族だけで行うという簡素化された形式も増えてきていますので、少子化も影響しているのか、小規模に冠婚葬祭を執り行う家族が増えていることが伺えます。小規模なお葬式が増えてきているのは、故人が高齢であり、参列者も高齢であることから、故人の希望で生前から家族だけで執り行ってほしいという希望があったり、家族の希望で静かに故人にお別れをしたいという様々な理由があります。費用の面からいうと、一般的なお葬式では約200万円ほどかかるといわれています。

一方、家族葬は最低30万くらいからの予算となります。費用の内訳としては、式場の利用料や会場のお花代、祭壇などにかかる費用の葬儀社への支払、霊柩車の手配、火葬するための費用、飲食費などや、僧侶に依頼する際にはお布施などが発生します。金額もどのような家族葬にするかによって違ってきますので、一般的な葬式と比較して安い金額であるということはいえません。故人の希望や拘りをしっかり反映させたいと思う家族もいますので予算は家族それぞれです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *