家族葬は冠婚葬祭の中でも料金が抑えられる

冠婚葬祭の中でも、人生の締めくくりのイベントとして重要性が高いのが葬儀です。

これまで、日本の葬儀と言えば個人の親類縁者を広く集めて、大規模に行うものが一般的であり、同じく冠婚葬祭の代表的イベントである結婚式と同様にかなりの料金が必要なものでした。しかし、日本においても個人主義が広まり、冠婚葬祭に関する捉え方が変化する中、葬儀に関するこれまでのイメージも変化しつつあります。例えば、その代表的なものが家族葬です。先ほども記載した通り、これまでの葬儀と言えば個人の親類、友人などを広く集めたものでしたが、家族葬は文字通り参列者を家族のみに限定するものです。

当然、葬儀の会場もこれまでのような大規模なものは必要なく、小さな会場で十分に対応できるため、料金も低く抑えることができるのです。また、これまでの葬儀では喪主の負担が大きく、故人を懐かしむこともできないというものでしたが、家族葬は参列者が少ないため、喪主が必要以上に気を使うこともなく、ゆったりと故人を懐かしむことができるのです。

料金や喪主の負担が軽減される家族葬は、現代の葬儀形態として広く浸透しつつあります。最近では、特化した斎場も多く登場しており、低料金でありながらも、特徴溢れたものが多くなっています。これまでの葬儀になれ親しんだ方の場合、違和感を感じるかもしれませんが、斎場ではプランの説明会なども頻繁に実施していますので、万が一に備える意味でも利用してみてはいかがでしょうか。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *