冠婚葬祭でも家族葬の料金は

冠婚葬祭において、家族葬とは料金が安いことが多いです。

とにかくお金のかかる冠婚葬祭であって、意外と安く済ませることができるようになりますから、極めて件数が増加しています。とにかく、葬式というのはお金がかかるのは、そこまで親しくもない人が参列するからです。つまりは、香典で確実に赤字になる人がいるわけです。家族葬というのは、あくまで近親者によって行なわれる葬式になります。或いは非常に親しい人であった場合のみです。

冠婚葬祭では、儀礼的に来る人、社交辞令として弔問する人がとにかく多いです。あくまで礼儀ですし、焼香をしてもらうのはよいですが、香典の金額によっては、飲み食いをされると確実に足が出ます。ですから、あえて家族葬にして費用を抑える、という人も多くなっているわけです。料金がとにかく安く抑えることができるのは、広いスペースは不要になりますし、また、無駄に飾り付ける必要性もないからです。祭壇も極端に華美にすることもないですから、そのあたりの費用をすべて抑えられます。

これが大きなメリットの一つであり、料金が安い理由でもあります。ちなみに最近では極端に無駄を排した葬式も多くなっています。それが直葬であり、いきなり火葬場にいきます。これも家族葬の一つであるといえます。火葬場で読経もできますし、或いはちょっとした食事くらいならばできるようになっていますから、無駄に儀式をする必要がないのであれば、それでよいと考える人も多いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *